個人的に正確だと思う口臭チェックの方法

口臭チェックの方法はイロイロ有りますが、家で、もしくは外出先で、自分で手軽にチェックしたいワケです。今回は管理人が個人的に正確だと思う口臭チェックの方法を書きました。

くさい部分をチェックしたい

口臭に悩む私たちは、試行錯誤して口臭をチェックしていますよね。

歯磨きやマウスウォッシュで念入りにケアした後に、まだ臭うかどうかを毎日のようにチェック。1日何十回も確認していると思います。

でも、普通に「ふー」とか「はー」とかするだけじゃ正確な口臭をチェック出来ていない様です。

唾液を乾燥させて臭ってみたり、舌苔部分を拭ったものを確認したりする方法は、勇気ある友人に「ニオイが違う」と言われたので、管理人としてはやっぱり口から出てくる息そのものをチェックしたいのです。

だから、口の中の臭いを発している部分に息を通して、その臭いを嗅いでいます。

「ふー」でも「はー」でも、該当部分を息が通っていないと、臭いのレベルの低い息が口から出てくるようです。

「ふー」じゃなくて「臭うところを通って はー」

だから、管理人の場合は、舌の奥の方の舌苔と、喉の左側、奥歯の磨ききれていない場所をそれぞれ息を通して、その息を鏡に向けて吐き出し、跳ね返った息をチェックしています。

よく、口臭チェッカーは「はー」で測ると言いますが、該当部分(臭う部分)を通って口から出てきた息をチェックすると、結果が全然違いますよね。

例えば管理人の場合、喉の左や奥の方の舌苔の臭いを確認したい場合は、随分と舌を出さないとチェックしきれません。

この程度ではダメです。

ある程度の工夫が必要です

ちょうどピッタリの画像を見つけました。

このくらい舌を出して喉の奥から出てきた息は最上級にクサいです。

(※個人的な体験談を書いています。顎(あご)が外れてしまうほど口を開けるのは危険です。口を大きく開け過ぎないでください。)

チェックはあくまで口臭の確認ですので、チェックし過ぎてショックを受けないようにしたいです。

これらのcheckは、以前の管理人には意味が有りませんでした。なぜなら、どんなニオイも分からないくらい、鼻が臭さに慣れてしまっていたからです。家のニオイと同じで他人にしか分からないニオイがありますから、本当に自分の正確な口臭を知るには、口臭外来で正直に教えてくれる先生に教えてもらうのが一番だと個人的に思います。

管理人の場合は正直な友人に恵まれているため、何度も教えてもらう事ができました。

まとめ

管理人は以前、自分のニオイが分からないほどでした。そのくらい臭いに慣れてしまっている場合は自分での口臭チェックは難しいですが、口臭チェッカーを使う際に少し工夫してみるといいかもしれません。もちろん、口臭チェッカーが正確かどうかは保証できませんが。

自分の本当のニオイを口から出せる口と舌のポジションが見つかると、体で覚えますので、毎日その形でチェックできます。

という事で、すごく個人的な口臭チェックの考え方でした。

はやく皆さんの口臭がどっか行きますように。