一度の歯磨きに、ハブラシを3種類ほど使っています

口臭対策をあれこれしていると、基本を忘れてしまうのですが、先日虫歯で歯科を訪れたところ、またもやしっかり磨けていないとの指摘を受けました。

歯磨きは長時間磨けばいいと言うモノではなく、短時間であっても、しっかり効率的に磨くことが大事だと、あちこちの歯科で教わり、基本に忠実に磨いていたため、しばらくの間は「良く磨けていますね」とお褒めの言葉をいただいて浮かれていたようです。

また基本に戻って、ブラッシングをしていますが、どうも磨きにくいのです。

 

以前から、高い安いに関わらず、いろんな種類のハブラシを試していましたが、1つ開封したら、そのハブラシだけを毛先が曲がるまで使うという事が多かったのです。

またはワンタフトブラシ(毛束が1つに固まって尖っているタイプ)と普通の歯ブラシ、もしくはフロスを使用していました。

 

数々の歯科医おすすめの歯ブラシで磨いたとしても、縦に磨こうが、横に磨こうが、斜めに磨こうが、自分の歯並びに合わないのか、磨きにくいように思いました。

 

 

と言う事で、一回のハミガキに基本となる歯ブラシ自体を3種類以上使ってみることにしたところ、なんと歯科でクリーニングしてもらったときのようにツルツルになりました。

 

左から ワンタクト、360℃丸いタイプ(回転しないタイプ)、毛先の毛束の密度が高いタイプ、基本的なタイプ、ちょっと大きいタイプ、スパイラル毛です。

これらの歯ブラシの中から、毎回最低3種類(+時々フロス・出血しないように)を使うようにしています。

 

 

 

毛のかたさも、固め、やわらかめ

ヘッドの大きさも、超コンパクトから普通、大き目などイロイロ試しています。

 

先入観にとらわれずに、昔ながらのすごく大きい歯ブラシや、天然毛、ギザギザタイプも試してみようと思います。

 

(追記:最近、初めてイオン歯ブラシなるものを試してみました。確かにツルツルになります。一説には、電動歯ブラシよりも落ちるという話もありますね。この辺りは不明ですが、好みで使い分けたいと思います。ちなみに管理人は電動歯ブラシは相性がわるいようで、最近は使っていません)

 

 

ところで、実はどれが一番自分に合っていたのかはまだ分かっていないのですが、歯ブラシのタイプによって届きやすい所があるので、総合的に磨けるようになった気がします。

という事で、管理人の場合は、歯並びが悪いせいか、しっかり磨けていなかったので、一度にいろんな種類の歯ブラシを使ったら、よく磨けました。と言う話でした。人それぞれだと思いますので、ご参考まで。

 

それにしても、ハブラシをコロコロ変えると気分も変わって楽しいです。歯磨き粉もコロコロ変えています。

 

ちなみに歯ブラシの消毒も忘れていませんよ。

 

管理人のように、口臭を消す事ばかりに気をとられていると、対策グッズをイロイロ買うことにばかり気をとられている内に、歯磨きをおろそかにしているケースもあるかもしれません。

口臭の原因はたくさんありますが、口内の異物を少しでも減らすことが、口臭を引き起こす原因を減らすことになるので、今後も積極的にケアしたいですね。

ところで、欧米の人たちは、毎回丁寧に歯のケアをするというより、一度に集中的にケアする人が多いようです。しかも、歯科で専門的なケアを受けている人が多いようです。

確かに、軽いケアを毎回して、菌をちょこっと減らしても、菌と言うのは短時間で爆発的に増えてしまうので、時々プロに集中的にケアしてもらうのは、とても効率的なのかもしれません。

もちろん、毎日のケアも並行して続けたいです。