過酸化水素のマウスウォッシュは口臭対策に効果があるのか

過酸化水素配合のマウスウォッシュがアメリカで人気の理由の1つが、ホワイトニング効果が期待できる点です。ホワイトニング先進国のアメリカではホワイトニング対策をしていない人のほうが少数派。歯磨き粉もマウスウォッシュも、日本には無いタイプのホワイトニング製品が充実しています。過酸化水素配合製品もその一つ。過酸化水素はホワイトニングの施術にも利用される成分です。

今回は、過酸化水素の口臭に対する効果と、安全性、そして過酸化水素が配合されたマウスウォッシュ(セラブレスで効果の無かった友人に変化があった製品)ついて取り上げます。

summer-1458129_640

注意:過酸化水素配合の製品は、日本の薬事法では認められていないとのこと。個人輸入で使用することは出来ますが、100%自己責任になります。

過酸化水素とは?

ちょっと面倒くさいですが、過酸化水素がどんなものなのかを知っておくと、口臭に対しての作用や、過酸化水素が配合された製品の利用頻度などの調節の役に立つと思います。

過酸化水素(Hydrogen perpxide 化学式H2O2)
wasserstoffperoxid-svg

・水素と酸素の化合物
・水の元素記号はH2O(水)ですが、この水に酸素(元素記号O)がもう1つくっついた形
・体内のカタラーゼ等の酵素によって分解するときに酸素を発生する
・酸化剤、漂白剤、殺菌剤、消毒剤などに薄めて使われる化合物
・活性酸素の一種(※フリーラジカルでは無い)で、強い酸化作用がある

(活性酸素とは、酸化力の強い酸素のこと。※フリーラジカルというのは、安定していない分子。電子は2つあって安定するが、その電子が1つしかないため、他から奪って酸化させ、対象物にダメージを与えるもの。過酸化水素は電子が2つある状態で対になって安定しているためフリーラジカルではないものの、金属と反応してフリーラジカルを生じてしまうこともある)
393884
歯科でホワイトニングに利用される過酸化水素の濃度は、一般的に歯科医院で施術する際使用している薬剤の過酸化水素濃度は35%前後。自宅でマウスピースに入れる薬剤の濃度は選べる場合も有るけど大体10%~20%あたりだそうです。

また、消毒液で有名なオキシドールやオキシフルは、過酸化水素の水溶液で、濃度が3%前後のもののこと。
口臭対策などに、オキシドールを薄めて使う人もいますが、管理人自身はオキシドールを薄めて利用した事がなく、口臭対策用に製品化したものではないオキシドールを口臭対策として扱うことに不安があるため、当ブログではオキシドールの利用はおすすめしていません。

過酸化水素の安全性は?

過酸化水素自体は、消防法で危険物第6類の酸化性液体に指定されています。
また、毒物及び劇物指定法によって濃度の濃い水溶液は劇物に指定されています。

一般に私たちがマウスウォッシュとして購入する製品に含まれる濃度では、正しい使い方をしている限り人体に影響は無いとされています。

多くの生物種は過酸化水素分解酵素のカタラーゼを持つため、生体内での過酸化水素の寿命は極めて短い。つまり、(傷の内面を含む)体内に過酸化水素が侵入すると速やかに酸素に分解される
(出典:Wikipediaフリー百科事典 ” 過酸化水素 ”)

また、体に入った過酸化水素は、分解されて、通常は最終的に酸素と水になるそうです。

※現在のところ日本の薬事法により、過酸化水素入りの歯磨き粉やマウスウォッシュは国内で販売出来ないため、利用する際は個人輸入で利用も自己責任です。

※水素水とは全く別物です。絶対に飲まないでください。また、製品の使用方法を守ってください。

過酸化水素の入ったマウスウォッシュの口臭対策での効果

口臭の最大の原因である硫化水素などの揮発性硫黄化合物(VSC)は、その名の通り揮発性です。

揮発性というのは、常温で気化する性質のもの。
気化とは、液体が沸騰したり蒸発したりして気体になること。

揮発性硫黄化合物が気化して臭いを発しているんですね。

ところが過酸化水素によって酸化することで、分子構造が変わって性質が変わり、臭いを発しない状態に。

酸化させて臭いを消すという仕組みは、セラブレスオーラルリンスと同じ要領で考えていいと思います。
(セラブレスは亜塩素酸ナトリウム配合です。セラブレスについては「口臭を消す方法・セラブレスオーラルリンスとタブレットの記事に書いています)

widow-1148929_640

個人的におすすめの過酸化水素配合マウスウォッシュ

過酸化水素配合で、アルコールを含まないタイプで、実際に使用して違いを実感した製品があります。それがエッセンシャルオキシゲンのブラッシングリンス。

Essential Oxygenオーガニックブラッシングリンス

口にしばらく含んで吐き出した後ブラッシングするタイプの製品ですが、マウスウォッシュとしての利用も可能です。

dsc_3906

Essential Oxygenオーガニックブラッシングリンス, ペパーミント, 480 ml

(管理人は海外通販で買っています。→海外通販iHerbで買える口臭対策製品まとめ

小さいサイズもあります
Essential Oxygenオーガニックブラッシングリンス、ペパーミント88ml

Essential Oxygenオーガニックブラッシングリンスの成分・使用方法・注意点等

●成分:Deionized Purified water(脱イオン精製水)、1% Food-Grade Hydrogen Peroxide(1%食用グレード過酸化水素)、organic aloe vera(有機アロエベラ)、オーガニックエッセンシャルオイル(ペパーミント、ローズマリー、ユーカリ、レモン、クローブ、シナモン)

・アルコール、グリセリン、塩素系漂白剤、ラウリル硫酸ナトリウム、フッ素等無添加
・動物実験はしていません。

シナモンがセイロンシナモンでは無いだろうという点と、過酸化水素以外は、特に気になる成分はありません。セラブレス等よりも添加物が少ないことになります。シナモンに含まれる有害物質のクマリンについては1つ前の記事で書いています(口臭対策最前線!手作りマウスウォッシュでバイオフィルム除去

●使い方:ボトル振ってから使用します。3分の1オンス(約10ml)を口に含み、5秒~30秒グチュグチュして吐き出し、ブラッシングします。舌もブラッシングとありますが、舌をブラシで磨くのは個人的にお勧めできません。もしも磨きたいときは専用のブラシで奥から前になでるように使ってください。

うがい薬、マウスウォッシュとしても利用可能。

ボトルにはこんなことも書かれています。
「口内のバクテリアを朝一番の水と一緒に飲みこんでしまうのではなく、まず汚いものを吐き出してしまいましょう。その後リンスを口に含んで朝の他の作業をしながら30秒~60秒ほどリンスしましょう。その後歯と舌をブラッシングしてください。あなたのお口と免疫システムが喜ぶことでしょう」
アメリカっぽい表現ですね。

dsc_3913

色は無色透明。味も特にハーブのほのかな感じといった感じ。(追記:家族が「臭いが変でオエオエする」と言っていました。漂白成分独特の臭いかもしれません。そう言えば、味は大丈夫ですが、臭いがちょっと変と言えば変かもしれません。個人差あると思います)

(↑写真のカップは私物です。セラブレスの旧バーションのカップ)

●注意点:絶対に飲み込まない。目に入らないようにする。子供の手の届かないところに保管し、子供が使用する際は大人が付きそう。室温で保管する。成分を確認の上アレルギーがある場合は使用しない。(※薬事法により、日本では販売されていない製品です。個人輸入の際も自己責任でおねがいします)
また、過酸化水素は万病の元とされる活性酸素の一種です。多用はお勧めできません。

活性酸素(かっせいさんそ、英: Reactive Oxygen Species、ROS)は、大気中に含まれる酸素分子がより反応性の高い化合物に変化したものの総称である。一般的にスーパーオキシドアニオンラジカル(通称スーパーオキシド)、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、一重項酸素の4種類とされる。
(出典:Wikipediaフリー百科事典「活性酸素」)

Essential Oxygenオーガニックブラッシングリンスを使用した感想

使用感は特に刺激も無く、ハーブの感じがあるだけです。ほのかに甘い?気もします。
ブラッシングすると少し泡立ちます。過酸化水素がホワイトニングにも利用される成分という事からも、個人的に、磨いた直後にすぐに飲食をしない方がよさそうな気がします。

口臭に対する変化ですが、もともと、あまり期待していなかっただけに驚きました。
使用してすぐに、いつもと違う感じがしました。管理人はすでに口臭が80%消えたと感じているため、現在はセラブレスを試しても大きな変化を感じられないのですが、このEssential Oxygenのブラッシングリンスは、さらに爽快感が感じられました。

管理人の、とある友人はセラブレスでそれほど変化が見られず、昔の管理人のような状態だったのですが、Essential Oxygenで変化がありました。焦げ臭い臭いが無くなったんですね。本人がいうには3時間は効果が続いたそうです。

追記:管理人の場合の話なのですが、このブラッシングリンス、使用後数時間経ってから、口の中で独特な臭いを醸し出すことがあります。この感覚は、自分に合わないガムをかんだときの感覚とちょっと似ています。なんだろう・・・・ちょっと分かりません。
友人には合っているけど、管理人にはそれほど合っていないのかもしれません。
また報告します。

まとめ

今回は、アメリカでは結構人気の過酸化水素配合のマウスウォッシュについてお話ししました。

過酸化水素の酸化作用で口内の臭いの元となる、揮発性硫黄化合物の性質を変えて、口臭予防しようというものでした。

過酸化水素入りの製品は薬事法の関係で日本では販売されておらず、海外から個人輸入という形で利用できますが、全て自己責任での利用になることを覚えておいてください。

過酸化水素は白髪の原因とも言われる場合が有ります。管理人は個人的に過酸化水素の入った製品を利用する場合は使用直後の唾液を飲み込まないようにしています。しかし、そうする事に意味があるかは分かりません。

いずれにしても、当ブログではどんなに効果のある製品にも頼らないで済むよう健康になるのが目標です。

どのような製品も、過度の使用はおすすめしていません。
どのような製品も、同じものばかり長期間使用することもおすすめしていません。

しかし口臭を一時的に消すための方法も大切なので、今後も新しい情報が入り次第UPしたいと思います。

2016.12.17追記:ここしばらく、”時々”使っていたのですが、なんだか歯が白くなった気がして、ちょっと使用を中止しました。ホワイトニングよりも口臭を消すことのほうに興味があるので・・・また報告します。

口臭を消す方法まとめ、随時更新中

https://byebye-story.com/tips-for-freshbreath/

口臭の原因まとめ・随時更新中

https://byebye-story.com/badbreath-causes/

海外から口臭対策商品を安く買いたい場合は

https://byebye-story.com/about-iherb/