Mastic&Aroma マスティック&アロマ(口臭対策に使った感想)

「Mastic&Aroma」(マスティック&アロマ)は管理人が国内外で軽く100種類以上試した歯磨き粉の中で長時間歯磨きする時の歯磨き粉としては本当におすすめです!食べたり飲んだりしたものは尿や便などで排出されやすくても、口内の粘膜などで経皮吸収した場合は体内への吸収したあと、対外へ排出されにくいのだとか。歯磨き粉の安全性が重要であることがうかがえます。

今回は比較的成分が安心らしく、口臭にも変化が期待できるマスティックアロマを実際に使った感想(レビュー)です。

untitled

スポンサーリンク

“Mastic&Aroma”は口内にやさしいジェルタイプ

マスティックアロマには「デンタルマッサージジェル」と表記されていて、最近流行りのジェルタイプであることが分かります。

口臭にお悩みの方はすでに数多くの歯磨き粉をネットなどでもお試しになった方が多くご存知のことも多いと思いますが

市販の歯磨き粉は泡立ちを重視して発泡剤を添加したり殺菌効果を安価な化学物質で実現したものもあります。

過剰なすっきり感を実現した歯磨き粉は使用感はスッキリなものの、刺激が強すぎて口内に少なからず刺激を与えてしまいます。

一部の歯磨き粉は、強力な殺菌効果はありますが、良い菌まで殺してしまうため(まるで抗生物質みたいに)口内の菌のバランスが崩れてしまう原因に。臭いや虫歯、歯周病の原因となる悪玉菌が増えてしまう事も考えられます。

ただし、ひどい口臭の時は、刺激の強い歯磨き粉が効果がある事もあります。管理人は、イロイロな歯磨き粉をローテーションで使います。そうすることで、一種類だけをつかうリスク(添加物や特定の物質の長期摂取)を回避できると考えています。しかしそれ以前にこのマスティックアロマにはリスク自体が低いと思います。

マスティック&アロマの”Mastic”とは?

マスティックは、ギリシャ東南部のヒオス島などで見られるウルシ科の常緑樹。(アレルギーの方は注意)

「masticマスティック」の歴史は古く、古代ギリシャ時代からそ樹液が口臭やホワイトニングなどに利用されてきたそうです。そしてなぜか胃にも良く、ピロリ菌などにも効くとのこと。

それほどの殺菌効果があるのに、なんと善玉菌は攻撃しないという、優秀な成分なのです。

海外で胃に効くサプリメントとして売られているのも納得ですね。

マスティックアロマは2種類あります

あとで発売されたMastic&Aroma+G(マスティックアロマ+G)はグレープフルーツ種子エキス入りです。
untitled

 

どちらも、9種のハーブが浸透して口内をやさしく殺菌し歯茎を引き締め、有効成分が悪玉菌をの増殖を抑えます。

マスティック&アロマ+Gの方はグレープフルーツ種子エキス配合でさらに殺菌効果が長持ちしますがこれは管理人も使用してみて納得できました。

マスティックアロマ+Gを口臭対策に使った感想
Mastic&Aroma+G (マスティック&アロマ+G) はマスティック&アロマの新商品です。管理人は口臭対策に、結構刺激のある歯磨き粉と、そうでないタイプの2種類の歯磨き粉を使うことがあります。 歯を丁寧に磨きたい時、どうしても通...

グレープフルーツ種子エキス(Grapefruit Seed Extract)は安全で、副作用の少ない天然の防腐剤として、殺菌剤とか天然の抗生剤として、など世界中で利用されてる成分。

サルモネラ菌、大腸菌、インフルエンザノロウィルスなどにも効果を発揮するとこのと。

しかも「長時間、抗菌性が持続する」ため、長時間きれいな息を持続させる効果が期待できます。

それでいて欧米では赤ちゃんのおもちゃの殺菌に使われるほどやさしい成分。

マスティックと同様に口内の善玉菌を残しながら悪玉菌と戦ってくれる成分、それがグレープフルーツ種子エキスなんです。

9種類のハーブで殺菌&口内環境を整える

マスティックアロマには9種類ハーブが含まれています。ひとつは先ほどご紹介したマスティックですね。

・ マスティック
・ カンゾウ
・ オウゴン
・ セージ
カモミール
・ ローズヒップ
・ ムクロジ
・ キシリトール
・ メントール

Mastic&Aroma+Gに含まれるハーブ
・ マスティック
・ カンゾウ
・ オウゴン
・ セージ
アロエ
・ ローズヒップ
・ ムクロジ
・ キシリトール
・ メントール

含まれるハーブの違いは太字で示したカモミールアロエです。マスティックアロマに含まれるすべてのハーブについては公式サイトで確認できますが

今回は、カモミールとアロエについて触れておきたいと思います。

 

カモミールは甘い香りのハーブで、ハーブティとしてもあまりにも有名です。

安眠効果やリラックス効果を求めて飲む人が多いのですが抗炎症作用があり、歯肉炎などの炎症を抑えるのにも効果的です。

歯肉炎とは、歯石の周りで細菌が増えた結果、炎症を起こしてしまうものですが歯肉炎の部分に歯垢や食べ物のかすが付くことで膿んでしまい、かなりのレベルの臭いを発してしまいます。

カモミールの抗炎症作用は、歯肉炎による口臭にも大変有効ですね。

そしてご存知、万能薬のアロエです。
untitled
こちらも炎症を抑える働きが有名ですが、殺菌作用もあるため、古くから傷口のケアにも使われています。胃炎に効果があることも一部の方には知られています。

カモミールと同じく、炎症を抑える事で歯肉炎などを抑えることは口臭に大変有効です。

 

フッ素について

フッ素を推奨する歯科医師さんとそうでない歯科医師さんがいらっしゃいますね。

今まで、一般的な歯磨き粉にはフッ素が含まれているものが多かったと思います。

しかし最近、経皮毒(皮膚や粘膜から吸収された化学物質が体の外に出て行くまでに長い時間がかかり、一部は排出されずに体内に蓄積される)を避けようという考えなどから、歯磨き粉にも自然派なものが出てきています。

フッ素は、ほんのわずかな量であれば害がないといわれており、歯科では虫歯対策に利用されてきました。

フッ素の効果としては、酸の産生を抑制することで歯垢(プラーク)が増えるのを防ぐ。そしてその歯垢による虫歯菌の発生も抑制する。さらに、歯から溶けだしたカルシウムやリンの砕石灰化を促進するなど虫歯予防に役立つことは事実であると、管理人は考えています。

問題は、フッ素が最終的に口内以外の場所に蓄積されるということです。

あまり知られていませんが、フッ素は、多くの殺鼠剤(さっそざい)の成分の一つです。
殺鼠剤とは、その名の通りネズミを駆除する薬剤です。

フッ素については本当にいろんな意見が飛び交っており、何が正しいかは実際のところわかりません。

しかしフッ素は野菜や果物や穀類など
ほとんどの食品に初めから含まれています。
その理由はフッ素が土壌に含まれるミネラルの一つだからです。

しかしどんな物質も偏って取りすぎれば毒になります。まして殺鼠剤に使われる成分なら・・・取り入れないようにする意見にもうなずけます。

フッ素に関するこれ以上のことは専門家ではない為書けませんが毎日使用する歯磨き粉のことですので調べてみるのもいいかもしれません。

全身の健康が口臭を消すと考える管理人としては歯科的考えとは切り離して考えたい物質の一つです。

まとめと感想

Mastic&Aromaは、フッ素や発泡剤、化学合成物質など無添加で泡立ちの少ないジェルタイプの歯磨き粉です。

以前からあるマスティック&アロマに加え新発売のマスティック&アロマ+G(グレープフルーツ種子エキス配合)があり

ともに天然ハーブや生薬から抽出した成分で悪玉菌だけを殺菌し、善玉菌由来の口内環境をつくる効果が期待できるそうです。

完全無添加ではありませんが、化学合成物質を含まないのに口臭予防、歯周病予防効果を実感する利用者が多いのには脱帽です。

管理人は初めて使った時、特に深い印象が無く長い間使わないで放置していました。

かるく百種類以上の歯磨き粉を試してきて、ジェルタイプもかなりの数試してきており、ジェルタイプに慣れていたからか使用感に特別なものを感じなかったからです。

あるとき、また、まっさらな気持ちで使い切っていない歯磨き粉を順番に使い比べて数日後のこと

舌がきれいなピンク色に変わっていることに気が付きました。その日の朝、テレビを見ながら長い時間歯磨きをしていたのですが、使用したのがマスティック&アロマだったのです。

舌苔が取れてピンクのことは今までもありましたがそれは即席で重曹やアルカリイオン水でうがいをしてさらにその重曹水やアルカリイオン水で舌苔をやさしく拭ったとき、つまり物理的に取り除いたときに一時的にピンクの舌が顔をだしていたというものです。

しかしマスティックアロマは管理人になんとも自然にピンクの舌を提供してくれました。ただし、ピンクの舌が絶対にいいと言うわけでは無いようです。なぜなら、舌苔は、新陳代謝をしている証拠で、ある程度あっても当然だからです。

もちろん、舌苔は無ければいいというものではありません。しろい糊のような舌苔が付いていても口臭が無い人は無いのです。

しかし、今までにない爽快感が伴っていたため、管理人はしばらくの間マスティック&アロマを使用し続けました。

管理人は、歯磨き粉だけで強烈な口臭から解放されたわけではないことをお伝えしておきますが、マスティックアロマが、口内に刺激を与えないで優しく殺菌してくれているのか、今も口内環境はとてもいいです。(人によっては刺激を感じる人もいると思います)

管理人はマスティック&アロマ+Gだけでなく、他にも数多くの歯磨き粉を使っています。いろんなタイプの殺菌力を試してみたいし、もっと自分に合ったものが有るかもしれないからです。

歯磨き粉は使用感など、好みもありますので、いろいろ使ってみて、自分にあったものを探す楽しみもありますね。

コメント