マスティックアロマ+Gを口臭対策に使った感想

Mastic&Aroma+G (マスティック&アロマ+G) はマスティック&アロマの新商品です。管理人は口臭対策に、結構刺激のある歯磨き粉と、そうでないタイプの2種類の歯磨き粉を使うことがあります。

歯を丁寧に磨きたい時、どうしても通常より時間がかかってしまうのですが、その時に、よくわからない成分の入った歯磨き粉を使うと、吸収しやすい口内から体に取り込まれ、おそらくはその不要物が舌苔にも悪影響を及ぼし、口臭にも悪影響をおよぼす可能性もあるのでは?と、思うのです。もちろん、市販の歯磨き粉のメーカーさんも、「長時間磨いてください」とは書いていないと思いますので、歯磨き粉を使うのは自己責任。

だからこそ、丁寧に磨きたいときは、天然成分の歯磨き粉を使いたいと個人的に思います。

そうした意味で、マスティックアロマは優秀だと思います。

 

Mastic&Aromaとの違いは?

Mastic&Aroma+Gに含まれるハーブは以下の9種です。
・ マスティック
・ カンゾウ
・ オウゴン
・ セージ
・ アロエ
・ ローズヒップ
・ ムクロジ
・ キシリトール
・ メントール

もともとあるMastic&Aromaに含まれるのは
↑のアロエの所がカモミールで、それ以外は同じですが

+Gは、さらにグレープフルーツ種子エキス入りです。

マスティック&アロマが緑のチューブなのに対して
+Gは黄色のチューブです。
untitled

グレープフルーツ種子エキスが加わったことで以前からあるマスティック&アロマよりもすっきり感が長持ちするような使用感です。

ではグレープフルーツ種子エキスとはどんな成分なのでしょうか。

グレープフルーツ種子エキスについて

グレープフルーツ種子エキス(= Grapefruit Seed Extract)

このグレープフルーツ種子エキスというのが本当に関心な成分なんです。

副作用が少ない天然の防腐剤として殺菌剤や天然の抗生剤として世界中で利用されてるとのこと。

さらに
サルモネラ菌、大腸菌、インフルエンザ、ノロウィルスなどにも効果があるといわれていて、なんと、その効果が長時間持続するというのです。抗菌性が長時間維持できれば口臭対策にも優秀な成分と言えるのではないでしょうか。

そんなに効果があるのに欧米では赤ちゃんのおもちゃの殺菌に使われるほどやさしい成分だということです。

マスティック&アロマが口内の善玉菌を残しながら悪玉菌と戦ってくれることは紹介しましたが、グレープ種子エキスで抗菌性を持続させることができたらさらに口臭予防には頼もしいと思います。

まとめ

Mastic&Aroma+G はグレープフルーツ種子エキスが配合された新しい商品です。

通常のマスティック&アロマよりもさらにスッキリした使用感で管理人も今定期購入で使い続けていますが刺激は少しありますがひりひりするほどでもなく、長時間磨かなくてもさっぱりします。

コメント