無添加にこだわらない事も大事

口臭対策のためにと、なんでもかんでも無添加にこだわってしまうことがあります。誰もが振り返るひどい口臭を軽減させた管理人も、一時期完全無添加だけにこだわっていました。添加物はもちろん体には良くないことが多いですが、口臭対策においては添加物が時に良い結果を出すこともあるようなのです。
drugstore-679851_640
添加物ばかり取るのはよくありません。しかし体の中には悪玉菌も必要なのと同じく、体に取り入れるモノも、ときに不要と思われるものが入る事で、今までどうしようもできなかった事に変化が現れるかも?と管理人は感じています。

スポンサーリンク

無添加にこだわらない事で意外な変化が

ある女性が不妊に悩んでいたんですが、周りからは「あんな健康な子が」と不思議がられていました。「絶対彼女には原因はないよ」と言われ続け、結婚後10年ほど子供に恵まれなかったんですね。

彼女の生活は健康そのもの。結婚前からバランスの取れた食事、適度な運動、規則正しい生活を送っていたそうです。管理人は結婚後の彼女しか知りませんが、彼女はどう見ても誰が見ても健康的な生活を送っていました。風邪もあまりひかなかったと思います。彼女のパートナーも体格も良く健康そうでした。しかし彼女たちはかなりストイックな健康マニアでもありました。

たとえばファーストフードは食べない。屋台では食べない。薬は飲まない。といった具合に。

そしてしばらく会わない期間があったんですね。おそらく2,3年でしょうか。
あるとき「彼らに子供が出来たらしい」とのうれしい知らせが!とともに教えてくれた人のメッセージに「すごいことになってたのに」と。

後で聞いた話では、彼女はストレスから自宅に引きこもって10キロ以上も太ったのだそうです。でもそのあとに妊娠!何が功を奏するかわかりません。そして現在彼女は健康マニアではなくなったそうです。行ったことの無いマックにも行ったのだとか。

妊娠は神の分野だと思っている管理人。だから何かしたから妊娠するとは思っていませんが、管理人の周りで、健康不健康に関わらず、生活スタイルをガラリと変えたことで妊娠したという人が数人いるんですね。妊娠だけでなく、体臭も、いままで薬ばかり飲んでいた(サプリなど)人がすべてのサプリをやめて体臭が消えたとか、無添加の白髪染めをやめて逆に頭皮が良くなくなったとか、本当に何がいいのかわからなくなります。

で、口臭に関しては例えば歯磨き粉。

無添加と添加物の組み合わせで効果UPな気がする

管理人は基本的には無添加の歯磨き粉が好きなのですが、現在は無添加だけにこだわらず、添加物たっぷりの歯磨き粉も普通に使っています。

 

無添加の歯磨き粉は丁寧にゆっくり磨く時に使って(あまりに長時間の歯磨きは逆効果の可能性有り)、軽く磨く時にちょっと刺激のあるものを使うことで、両方のいい所取りが出来ているのか、どちらかだけを使うよりも断然効果を感じるんです。

あと、「歯磨きは効率よく丁寧に。でもなるべく短い時間で磨く」方が歯磨き粉の添加物にさらされる時間が減って、体にも良いと思います。

 

 

さて、口臭にとってさらに大事なのは、無添加にこだわり過ぎない事以上に「睡眠」かもしれません。規則正しい睡眠は自律神経を整えますが、口臭を消すための唾液を出す唾液腺は、自律神経の支配下にあります。

健康
スポンサーリンク
バイバイをフォローする
ByeByeものがたり

コメント