洗口液マウスウォッシュの使い過ぎに注意(菌交代現象)

虫歯や口臭予防のために使う洗口液ですが、市販の洗口液(マウスウォッシュ、デンタルリンスなど)には多くの場合、強い化学合成物質が含まれています。使用しすぎると口内の菌のバランスを崩して逆効果。口臭もきつくなる可能性があります。
amazing-736875_640

マウスウォッシュで起こるかもしれない菌交代現象とは

菌交代現象とは、抗生物質などによって、本来病原性を持たない口内の細菌が増殖して病原性を持ってしまうこと。カンジダ症などを引き起こ可能性もあるとのこと。

通常は抗生物質などによっておこる現象ですが、過剰なデンタルケアによっても起こり得るらしいのです。

化学合成物質が大量に入った洗口液(マウスウォッシュやオーラルリンスなど)を使いすぎるなどのデンタルケアを続けていると、良い菌が減ってしまうだけでなく、本来病原性の無い菌が病原性を持ってしまう可能性もあるんですね。

管理人はマウスウォッシュを飲んでしまう人を見たことがありますが、大変危険です。洗口液は、普通の人は飲み込まないと思いますが、少量であっても口内から吸収されています。

洗口液の場合は喉のうがいをするタイプの物もありますので、歯磨き粉よりもさらに成分に注意しなくてはいけません。

ByeByeものがたりで紹介している洗口液は殺菌力も有って、なるべく成分のやさしいものを紹介していますが、それでもあまり良くない成分が入っています。

そのため、オーラルケアは、一つの種類だけに偏らない事が大切なのかもしれません。リスク分散です。

 

菌交代現象(きんこうたいげんしょう、英:microbial substitution)
(Wikipediaフリー百科事典「菌交代減少」「シェーグレン症候群」「膠原病こうげんびょう」)

個人的に思う洗口液の副作用

これは本当に個人的な感想なのですが、マウスウォッシュ(リンス・洗口液)を使いすぎると、口内に必要な菌まで減らすことになるので、せっかく口臭の原因菌を減らしても、根本的な解決にはならないと思うのです。

例えば、当ブログでも紹介しているセラブレスのプロバイオティクスには、口臭の大きな原因である揮発性の物質を減らすことで知られるK12菌が配合されています。

K12菌をせっせと補給しても、洗口液で殺菌していては、いつまでたっても菌が定着しません。それはまるで抗生物質を取り続けているかのような環境だと思います。

やはり何事もバランスが大事なのでしょうね。

コメント