個人的に効果があると思う【唾液を出す発音方法】

長年ひどい口臭に悩まされてきた管理人が、個人的に一番唾液が出ると感じた方法を報告します。

スポンサーリンク

「い」+「シューシュー」で唾液がいっぱい出ます

管理人だけかもしれませんが、

上の歯と下の歯を噛み合わせた状態(”い”の口の状態)

もしくはほんの1ミリくらい隙間が有る状態で、

 

「シューーーーーー」と発音し続けると、

すごく唾液が出てきます。

 

 

絶対に個人差があると思いますが、管理人の場合はこの方法で口内を大量の唾液でリフレッシュできるます。ただそれだけの記事です。

 

ちなみに最初にせっかく「い」の口にしても、シューって言うと「う」の口の形になりますが、絶対に、噛み合わせの状態はキープしてください。

質の良い唾液を出したいから

唾液を出す方法はたくさんあると思いますが、管理人の場合は唾液が出ても、唾液自体が臭くて、全然効果を感じられずにいました。

でも、唾液の質が変わってきたようで、その理由は、やはり健康になったことで、そして健康になったのは結局規則正しい生活のおかげでした。

規則正しい生活がどういうモノなのかについては人それぞれかもしれませんが、管理人の考える規則正しい生活とは、適度に太陽を浴びて、適度に運動し、まんべんなく食べて、しっかり寝る事です。

管理人の周りには、口臭が出やすい環境にいる人が多いです。というのも、みんな不規則な生活で、睡眠時間も少なく、食生活も変わっている人が多いです。おかげで一緒に口臭対策が出来るわけで、情報交換も出来るし、「やっぱり規則正しい生活が大事だ」と実感できます。

じゃぁ普段規則正しい生活をしている人はどうすればいいのか、と思うのですが、たぶんどこかに不自然なところがあるのでは?と感じてしまいます。

 

 

まとめ

管理人は、英語の発音の口の状態だと唾液が出やすい関係で、この「シュー――」で唾液がでるのかもしれません。

数年間、唾液を出す方法を試して来ましたが、口を開けたり閉めたり、変な声を出したりするので、電車の中とか自転車こぎながらだと恥ずかしいものがありました。

人によって歯並びや口の大きさ、舌の形や発声時の口やノドの状態が違うので、たぶん1人1人、唾液が出やすいポジションがあると思います。

唾液腺マッサージと一緒に行うのもいいですね。

その他
スポンサーリンク
バイバイをフォローする
ByeByeものがたり