口臭対策に「1日6食」食べる事もありました。

管理人はこの2,3年の間、口臭を軽減する目的で1日5~6食、食べていました。
(追記:2016.03現在は3食になりました)

以前は1日1食にしている時期もありましたが、口臭には食事の回数は多いほうがいいと思います。(食べ続けるのはNG)

今回は1日5~6食何を食べているのかを書きます。

管理人が口臭を軽減した時期にどのようなものを食べていたのかをご紹介するもので、食事内容をオススメするものではありません。

口臭対策のための1日6食の食事内容(一例)

【ある休日の食事内容・メインの3食】

朝 8時頃
・キウイ
・全粒粉パンのサンドイッチ(レタス ナチュラルチーズ 無えんせきチキンハム)
・ホットココア(有機カカオとブラウンシュガー+豆乳+粉ショウガ+セイロンシナモン)

昼 13時頃
・サラダ(レタス 海苔 ゴマ油 有機白いりごま)
・ざるそば(ソバ粉70%以上のもので蕎麦湯を飲む。
ソバに含まれるビタミンB1摂取のため。
ビタミンB1は糖質代謝を高める。
糖代謝異常による口臭対策におすすめ
そばアレルギーさんは残念ながらNG)

夜 21時頃
・焼肉(牛ハラミ、サンチュ、なす、玉ねぎ、かぼちゃ)タレは塩レモン
・7分づきごはん お茶碗1杯
・白菜キムチ
・湯むきトマト

【メイン以外の3食】

5時頃
・白菜の浅漬け(超浅漬け)

15時頃
・フライドポテト(じゃがいもに片栗粉をまぶして揚げたもの)

23時頃
・バニラアイスクリーム

(ジャンクな物も食べていました)

 

食事回数を増やして唾液を出す癖をつけたかった

1日6食食べる目的はとにかく唾液を出す癖をつけることでした。

唾液を出す癖をつけるとそろそろ食べる時間かなというときに唾液が出てきました。

しかしメインの3食以外に、あと3食食べるのは至難の業です。

仕事や育児、家事、1日の食事を増やそうと思うと本当に大変ですよね。
管理人はどこでも食べました。
駅のホームで、トイレで、移動中に・・・

外出先では食べる機会を確保するのも大変なので食べられるときに食べられるものを食べていました。栄養バーや飴にガムにミカン、りんご・・・なんでもです。

とにかく口臭に悩む人はどこでもなんでも食べられるサバイバル精神が大切ですよね。

管理人は口臭に悩んでいたとき職場では一人公園に行って食べたりしていました。

その公園が遠くて大変でしたが・・・

それでも人と離れて一人で食べられるって快感でした。

しかしその後別の職場は休憩中にビルから出てはいけないというおかしな決まりがあってそれまた大変でした・・・

しかし食べ続けた結果、唾液が出るようになりました。唾液が出るだけではダメ、質が大事との声もありますがひどい口臭を軽減した管理人の経験から考えるととにかくまず、唾液を出す習慣をつけること口臭軽減に非常に有効だと感じました。

気を付けていたこと

「せっかく5,6食も食べられる機会を作ったので」というわけでは無いですが、より効果が出るように気を付けていた事があります。

よく噛む

噛みごたえのあるものをわざわざ選んで食べていたわけでは有りませんが、この数年、良く噛むことは意識しました。良く噛んで食べて時間が足りずに残すのはOKとしました。

食事内容から考えれば「3食 食べて、間食をしているだけ」なのに、良く噛むだけでしっかり6食摂ってる感があります。

炭水化物だけは絶対にとる

糖質(炭水化物)を制限してしまうと今まで糖をエネルギーにしていた体が体内の脂肪をエネルギーにします。

脂肪をエネルギーにする過程でケトン体を発生させこのケトンが強烈な臭いをともないます。

炭水化物は絶対に食べるようにしています。

注意:糖尿病で糖質制限されている方はそのまま医師の指示に従ってください
注意:糖質は取りすぎも危険です

発芽玄米、金芽米、白くないパン、オートミールも食べます

bread-682618_640
白米や白い穀類は栄養分がほとんど抜けてしまっています。栄養がたっぷりあるものは体内をゆっくり進みます。(栄養を吸収しながら進む)しかし精製されたもの(白い糖質、白いパンや白米、白砂糖など)はすごいスピードで体内を進んで血糖値を上げます。

こうした食べ物はGI値が高い食品と言われますが栄養がほとんど無いため、すぐに体に吸収されてしまいその結果急激に血糖値を上げてしまいます。

血糖値が上がっても、すい臓からインスリンというホルモンが出て血糖値を下げてくれますが、毎度のこととなるとすい臓も疲れてしまいますね。

すい臓の機能に異常がでてしまい糖尿病になる可能性もあります。糖尿病にも特有の口臭がする場合があります。ということで白くないものも食べます。

とにかく時間の無い時は炭水化物だけでも摂るようにしています。

玄米はフィチン酸があるからダメ?

玄米については本当に意見が分かれていますね。

・フィチンが残留農薬を排出してくれるという話。
・白米の方が放射能セシウム濃度が白米の半分という話。
・イネ科のアレルギーの人は玄米はダメという話。
・発芽玄米なら発芽の段階で消化に悪いフィチンが分解されて
・玄米の栄養分をたくさん吸収できるという話。
・それとは逆に、フィチンは消化吸収に影響しないという話。

いろんな情報がありすぎて困ります。しかも情報はいつも変化するので管理人はなんでも食べることにしています。

つまり玄米や他の白くないものは食べる機会があれば非常に良く噛むことを条件に食べます。

白米も他の白い穀類(パンなど)は栄養のあるものと一緒に食べます。金芽米もおすすめです。栄養が残った食べやすいお米です。「金芽米」とか「ロウカット玄米」などで検索してみてください。

管理人はお米もパンも何か一つだけに限定せず、原産地も種類も毎回ころころ変えるようにしています。同じ添加物を取り続けるリスクを回避したいからです。

タンパク質は良質なものを

なんでも良質なものを取りたいところですが金銭的にそうもいきません。ただ、タンパク質に関しては迷ったらいいものを選んでいます。

例えばお肉。食肉としてスーパーで売られているものはどんな飼料でそだった動物の肉なのか食肉加工の時にどんな薬剤を使用しているのかなど明確にはわかりません。

しかしものによってはそうした情報を公開しているお肉もありますね。

安いお肉にはやはり安いだけの理由があるはずだと管理人は推測します。

その肉を加工した加工肉(ハム・ウィンナーなど)はなおさらいいものを選びたいです。肉でさえどんなものが入っているのか不明です。加工肉となれば加工の際にさらに発色剤や過激な保存料が添加されます。

加工肉の手作りは大変なので「無塩せき」を選びたいです。

無塩せきとは、肉を加工して味を付ける時に塩せき液という調味液につける際、その液に発食材が入っていないもののこと。

ただし、無塩せきだからといって安心はできません。なぜなら他の添加物が入っているものが多いからです。

そこでおすすめなのが手に入りやすい「豚肉、塩」だけの生ハムです。生ハムも添加物が多いものが多いですが海外のちょっと高い生ハムの材料を見るとシンプルなものが多いです。塩分は気になるので出来れば生ハムはサラダを巻いてドレッシング無しで食べたりと工夫すればいいと思います。

もちろん生ハム以外にも手に入るなら豚肉、塩、香辛料、くらいのシンプルなものがありますね。

「いや、わたしは肉の燻製を自宅で作ってしまうわ」という方は是非そうしてください!

野菜は「生」も「温」も両方大事

生野菜は栄養が失われず、体に必要な酵素も含み、温野菜は油で調理することでビタミンA,D,Eなどの油溶性ビタミンも吸収しやすいです。

最近は生野菜だけを食べる人、温野菜だけを食べる人などもいらっしゃいますが、口臭対策においてはどちらも食べた方が良いと思います。

なぜかというと、口臭はちょっとした食習慣の変化だけでも起こりうるからです。

世の中には様々な健康法や食事法があふれています。それぞれにリスクもあるかもしれません。

管理人も様々な方法を実践しましたが口臭対策には結局何でも食べるというのが良いと実感しています。
(アレルギーのある場合はこの限りではない)

たとえば生野菜ばかり食べると、人によっては下痢になります。

生野菜は本当に良く噛んで細胞壁を壊して栄養を取り入れたいのですが人によってはどんなに良く噛んで食べても下痢になる人もいます。

水分が腸を刺激してしまうという話もありますね。

下痢をすると善玉菌も体の外に出て行ってしまいますね。悪玉菌だらけになるとここからも口臭の原因が発生します。

下痢や便秘は腸内環境の悪化が原因の可能性大。

腸が原因の口臭に酪酸菌(腸活で口臭対策)
らくさん菌(酪酸菌/宮入菌)という菌をご存知でしょうか。薬局、ドラッグストアに整腸剤として、この酪酸菌入りのお薬が売られています。 腸内細菌のバランスを整えるビオフェルミンなどの近くに陳列されており、ビオフェルミンが「乳酸菌」であるの...

感想とまとめ

唾液を出す機会を増やして口臭を予防するために、1日6食 食べることもあった管理人ですが、意識してこういう時間を作ってよかったと思っています。

唾液を出す機会を増やすと、なぜかその時間になるとお腹がすいて、食べようとすると口の中が潤ってくるんです。

これは口臭の無い人からすると「分からない」らしいのですが(友人談)、管理人の場合、昔は異常に唾液が少なかったみたいで、食べる回数を増やした結果、「唾液が出ると食べやすくなる」という事実を発見。

食べる事はこんなにも大事だったんですね。

もちろん、口臭の原因となる菌は、酸素を嫌う菌なので、よく話し、よく運動をして、体内に酸素を取り入れたいです。

今は特に女性の方は紫外線を浴びない事も多いですが、人間はもともとは紫外線を浴びる生き物ですから、それを避けていたら、きっとどこかで体のバランスが崩れていると思います。

管理人はシミやしわよりも、口臭を消したいので、太陽の力を借りて健康的な生活を心がけています。もちろん、紫外線の浴びすぎも問題ですし、どうしても顔に浴びたくない人は、手のひらに浴びるとか、どこか体の一部分だけでも浴びてほしいです。

管理人は日を浴びて良く歩くと体調もよく、口臭・体臭も少ないと感じます。

水分補給もお忘れなく。

コメント