活性炭は口臭に効果があるのか

活性炭は、一部の有害物質、悪玉菌などの細菌類、その他様々な物質を吸着して外に排出してくれる”かもしれない”事で有名です。
カーボンダイエット(チャコールダイエット)でも話題ですが、実は口臭にも利用されることのある物質。アメリカなどでは以前から口臭予防としても大人気だというのです。

活性炭とは

活性炭 activated carbon

活性炭は、大部分の炭素の他、酸素、水素、カルシウムなどからなる多孔質の物質であり、その微細な穴(細孔)に多くの物質を吸着させる性質がある。表面が非極性の性質を持つため、水のような極性分子は吸着力が低く、細孔より小さな粒状の有機物を選択的に吸着しやすい。その性質を利用して、脱臭や水質浄化など、有害物質の吸着に用いられる。
(出典:「活性炭(かっせいたん、英語 activated carbon)」)

活性炭とは、木材などを燃やして炭化させ炭にした後、さらに超高温で熱して活性化(賦活化・activate)させたもので、無数の極小の孔を有する物質。
この細孔と呼ばれるごく小さい穴が、様々なものを吸着するため、脱臭剤や浄化剤などに利用されているようです。
(木炭や竹炭は、炭化させた所までのもの。活性炭はその後activateさせる)

食用としての活性炭

食用としては活性炭のサプリメントや粉末などがあります。

いずれもデトックスやダイエット、炭の遠赤外線効果、もしくは下痢予防、有害物質の除去、食中毒防止、脱色(ホワイトニング)などに有効”かもしれない”とされていますが、中には吸着出来ない有害物質もあるとのことです。

それは先ほどのWikipediaの情報にもあったように、「水のような極性分子は吸着力が低く、細孔より小さな粒状の有機物を選択的に吸着しやすい」ので、それ以外は吸着しないからのようです。

つまり、活性炭の表面は非極性なので、水に溶けやすい”極性の物質”は吸着しにくく、非極性の物質を吸収しやすいということのようです。

例えば、水溶性のリン酸塩などは吸着できないかもしれない?
という事は、ハムなどの食肉加工製品の添加物でもあるリン酸塩は活性炭では除去できないかもしれません。確証はありませんが。

さらに、活性炭も、原料などによって細孔の大きさが異なるため、細孔が小さな椰子殻(ココナツ)などの活性炭は分子の小さい物質を吸着しやすい等、違いがあるのだそうです。大抵の場合、原材料は「活性炭」とだけ書いてあるため、原料は分からない事が多いようです。

日本でもジュースクレンズをしている人の中には、真っ黒い活性炭のチャコールジュースを取り入れている人も多いです。

ダイエットに大切な代謝を上げるには、体内の有害物質を除去しなくてはいけません。なぜなら、肝臓や腎臓が有害物質の処理に追われていると、消化、吸収、脂質や糖質の分解、排泄作業などが後回しになってしまいます。いや、もしも体内に有害物質だらけだと、いつ体は正常な働きができるのでしょうか。

ただし、活性炭が必ずしもすべての有害物質を吸着するわけではない事は前述済みです。また、デトックス事態、行き過ぎてしまうとダイエットどころか体調を崩す結果になる場合もあるため注意が必要だと思われます。

しかしここで、口臭や体臭に悩む私たちに朗報です。

活性炭はむしろ口臭や体臭予防に効果的かもしれない

活性炭が吸着を得意としている物質は、有機物を吸着しやすい性質から、
中毒物質やダイオキシン、塩素、そして揮発性などの臭いを放つ物質だと言える”かも”しれません。

もしも体内で発生した悪いものを活性炭が排出してくれれば、全身からのニオイが軽減するのは当然と言えば当然かもしれません。

活性炭は以前、活性炭マスクなどを紹介しましたが、サプリメントで取り入れることで、口から出てくる臭いが軽減する可能性があるなら、相乗効果が期待できるのかもしれません。

活性炭が浄水器や水槽内の水の浄化などで利用されるていることは余りにも有名ですが、

医療現場では、毒性の高い物質を誤飲してしまった患者さんに、場合によっては”医療用の”炭などを利用して体内の毒などを排出させることもあるそうです。

また、腎臓のケアに原料に活性炭を含む薬やサプリメント等を取り入れている人も多いそうですね。

そう考えると、賛否両論あれど、活性炭がなんらかの作用を示すことは有り得るのだと推測します。あとは、各自の判断(場合によっては医師の判断)だと思います。

(※活性炭を体内に入れる事には賛否両論ありますので、必ず情報収集の上で体調と相談し、必要であれば医師に相談することをお勧めします)

活性炭のサプリメントのレビューなど

活性炭のサプリメントを利用したレビュー。
日本よりも活性炭を取り入れている人数が圧倒的に多いアメリカのサイトの情報です。
特に紹介したいレビューを見つけ次第、ここにUP予定。

ほんの一部のレビューですので、他でも探してください。

口臭って、9割以上が口内に原因があるっていうから、長年いろんなオーラルケアをためしてきたんだけど、何をしても全然効果なし。困り果てて最後の最後に、やっぱり体内に原因があるはずだって思ったの。それで試してみたのが活性炭サプリ。飲んでみてびっくり。夜のんだら朝の息がフレッシュだったわ!唾液も問題無し。みんなに試してほしい!(中略あり)
 ~アメリカのネットショッピングサイトの活性炭サプリメントのレビューより~

活性炭を過敏性腸症候群の改善のために利用してみましたが、良くなるどころが痛みが悪化しました。(省略有り)
~アメリカの健康情報サイトの活性炭情報の一般の方からの投稿より~

長年、膨満感に悩んできて、ガスター○などを利用していました。活性炭に変えてから今までよりも調子がいいです。(省略有り)
~アメリカの健康情報サイトの活性炭情報の一般の方からの投稿より~

(※ここで紹介するレビューは個人の意見であり、同じ作用が他の方に現れる確証は全くありません)

活性炭を取り入れる際の注意点

●活性炭と他の炭製品は違うものです。炭製品にも、それぞれ用途があると思われますし、どの種類を食用にするといいのかなどについても賛否両論です。この記事では活性炭について書いています。

●活性炭のサプリメントなどは副作用などは特にないとされてはいますが、絶対に安全であるという確証もありません。摂る場合は決められた量を守るようにお願いします。

●便秘になると言う意見はちょくちょく聞きます。

●管理人自身は摂り始め胃が痛くなることもありました。

●一定の吸着効果がある場合、他の栄養素も吸着して排出してしまう恐れがあるため、他の栄養剤などとの併用をさけたり、食事の後、時間を置くなどの工夫が必要。だからといって、すきっ腹では胃に負担がかかるのでは?と考えます。

●持病のある人や薬を服用中の人、妊娠中の人、授乳中の人、不安な人は、必ず医師に相談する。

●活性炭などのデトックス効果を誇張した記事が、不確実な情報を流したとして勧告を受けるケースもありますので、当記事を含め、疑いの目でお読みください。

●粉末や歯磨き粉は使用中のみお歯黒になります。(その時だけです。ホワイトニング効果も有ると言われるのに納得するほど、キレイに水に流れてくれます。しかし、歯の治療時に歯に出来た境目などに黒いものが残る事があるので、キレイに洗い流したいです)

●便も黒くなるようです。

●食用専用に商品化された活性炭以外は絶対に口に入れないでください。製品化していない原料そのままの状態では発がん性があるとの意見も有ります。

●活性炭は活性炭でも製法や原料、形状などにより、効果は違います。どの原料の、どんな製法のものが一番安全かなどについても、色んな意見があってどれが正しいのか不明です。

●活性炭にも有害物質が残っている場合もあるそうです。

●活性炭は体内に吸収されないと聞きますが、そもそも、活性炭自体が体からすべて外に出ていってくれるかどうかは疑問です。もしも体内に残った場合はどうなるのか・・・ちょっと心配です。

●活性炭を含め、食用の炭製品の販売ページには、水分を取るように勧めているサイトも多くみられます。

●粉末を利用する場合、肺に粉を吸い込まないように注意する。どんな物質が肺に吸い込んで無害なのか有害なのかが分からないからです。これは個人的に注意していることなのですが、どのような口臭スプレー、粉類も、息を止めて利用しています。(粉末を歯磨きで使う場合、練り歯磨き粉と練って粉感を無くした上で使用すると、吸い込む危険性が下がると思います。もしくはダマが無くなるまでしっかり水で溶き、口に含んだあとにブラッシングする、などをおすすめします。ちなみに炭製品を吸い込んで何かに影響があるがどうかは分かりません。)

●炭製品を体内に入れる際、胃や腸以外にも、口内、食道も通ります。そのあたりへの影響についての情報が見つけらないでいます。口内は歯磨き後何度も口をゆすいだり、うがいして吐き出せますが、食道の場合はどうなっているのか不明です。水でしっかり流されてくれていると希望します。

●活性炭の胃粘膜等への影響も定かではない。

●お子様やペット様等の手の届かないところに保管。

活性炭のサプリメントなら例えばこんなもの

一例です。

●活性炭サプリメントの定番

Nature’s Way (ネイチャーズウェイ) 活性炭 100カプセル [海外直送品]

新品価格
¥930から
(2017/2/24 08:43時点)

粉末状の活性炭もあります。

歯磨き粉と練り混ぜて歯を磨くのもいいかもしれません。

純度が高いと無味無臭と聞きますが粉末状の活性炭で純度の高いものは無味無臭です。

シェイカーで混ぜると素早くダマがなくなります。

管理人は活性炭を洗顔料に混ぜて一緒に泡立てて洗顔することもあります。特に変化は感じませんが、今後に期待しています。色黒から色白への変身を長期スパンでもくろんでいるので、結果が出たら報告しますね。

粉末状の活性炭についてはいくつか商品を載せていましたが、リンクを削除しました。
個人的にはカプセルの方がオススメだからです。粉末をご希望の方は安全なものを個人でお探しください。

【番外編】
こちらは活性炭ではありませんが、革新的な炭製品なのでピックアップしました。

●食べる純炭 ダイエタリーカーボン(カプセルタイプ)
活性化(賦活化)していないタイプのもの。原材料が木でも椰子殻でもなく、結晶セルロース。また、活性化しない事が逆に孔や角などが少なく粘膜を傷つけにくいのだとか。

食べる純炭 きよら [カプセルタイプ] (42cap、アルミ袋入り) ダイエタリーカーボン

新品価格
¥3,220から
(2017/2/28 00:04時点)

活性炭をはじめ、炭製品を体内に取り入れることについては賛否両論あります。活性炭にもイロイロあるため、同じものばかりを取り入れる予定はありません。また、「これいい!」と思っても、長期間体内に入れる事を考えると、立ち止まってもう一度調べることにしています。
管理人が使っている活性炭の歯磨き粉は海外から買っています。

海外で手に入る活性炭の歯磨き粉

まとめ

活性炭の吸着作用により、体内の有害物質などがもしも体外に排出されることがあれば、もしかしたら何らかの変化が有る”かも”しれません。

活性炭の性質上、口臭や体臭の原因物質を排出する”可能性”もあり、口臭に悩む私たちには少しうれしい物質です。

利用の際は、必ず複数の意見を取り入れ、体調や病気などに注意して取り入れたいです。

個人的にはどちらかというとタブレットタイプがいいかなと思っています。炭って、排水溝に流れたときに、結構こびりついて流れて行かない印象です。食道内がどうなっているかは不明ですが、なんとなく、カプセルや錠剤タイプは胃に直接とどいてくれる点が微妙に安心感があります。だからといって炭製品が安心安全であるとは限りませんのでほどほどの使用をお勧めします。

くれぐれも持病等をお持ちの方はご使用にならない様におねがいます。